2007年03月03日

2月26日(2:フランクフルト到着後)

■フランクフルト空港→列車→フランクフルト中央駅
 飛行機を降りた後、早速、入国審査へ。「観光に来た、10日ほど滞在する」という趣旨のことをカタコトのドイツ語で言って難なくクリア。

IMG_1514.JPG

 近辺にあった時計で時間を合わせる。だいたい午後2時半。まあ、この時計が、どういうわけかズレてたんだけどな。空港内の売店で、ひとまずテレビ番組表だけ買う。ドイツに来てまでテレビが気になる、私はそういう不幸な星の下に生まれた子供である。

 その後、地下の鉄道駅へ。空港から中央駅まではターミナル3階からICやICEも通っているが、金が勿体無いし、レイルパスをここで1日分使うのも癪なので。切符は、その後フランクフルト市内を移動することを考えて1日券を購入。

 地下ホームから中央駅に向かうSバーンに乗車。ドイツの列車で面倒なのは扉の開閉で、乗りたい/降りたい人が自らスイッチを押さないといけない。たかがスイッチを押すだけの動作ではあるが、見知らぬ国の見知らぬ列車の見知らぬスイッチを押すことに伴う抵抗感は割と無視できない。というわけで、駅では一緒に乗り込む/降りる人に便乗して乗降することに。

IMG_1518.JPG

 10分強で中央駅に到着。どの出口がどこに通じているのか分からないまま、駅正面出口から道を1本渡ったところに出る。中央駅前は怪しげな雰囲気があると聞いてはいたが、さほどそういう印象は受けない。昼間だからだろうか。一部ガイドブックに書かれていた麻薬使用者もいない。但し、後で行くことになるハウプトヴァッフェよりは若干荒んだ印象があるかもしれない。とにかくそんなことより、中央駅を正面から見てると、《MONSTER》のあの名場面が想起されて、涙が出そうになるんだよ!

IMG_1522.JPG

IMG_1525.JPG

■ホテル:CONTINENTAL
 フランクフルトでは1泊6000円程度のホテルを取っておいた。到底「豪奢」とはいえない設備だが、3日間寝る場所としては問題ない。テレビが不調であるという1点を除いてはな。本体のチャンネル操作スイッチのうちチャンネルを進める方が「押しっぱなし」の状態になっているらしく、何もしなくても1秒ごとにチャンネルが進んでいく、という面白状態。とはいえ、着いたばかりでクレームを入れるのは面倒なのと、すぐに市内観光に出ようと思っているのとで、すぐには申告せず。

■市内観光
 ホテルを出て市内観光へ。天気は曇。時折、傘をさすほどではないほどの雨が降る。路面バスを使ってパウル教会と大聖堂へ。1時間半ほどかけてひとしきり観覧。

 次に、事前にチェックしておいた漫画専門店COMICへ。秋葉原メロンブックスの半分程度しかない店舗の2階に、翻訳された日本の漫画が陳列されている。噂には聞いていたが、本当に《HELLSING》があるとは。その場にあった1〜3、7、8巻を購入。ついでに《クロマティ高校》1巻も購入。何でこんなものが。ドイツ人にツッパリ文化は分かるのか。否それよりも、高校の名前を「クロマティ」にすることの面白さは伝わってるのか?

 更に、ハウプトヴァッヘにある大型書店Hugendubelを目指して北上。その途上、魚専門のファーストフード店NORDSEEに遭遇。白身フライのハンバーガーとマリネらしきもののハンバーガーを食べる。後者は珍しいもの食べたさ半分で頼んだのだが、思いのほか普通に美味しい。以後、ソーセージを筆頭に肉主体の食生活が続く中、NORDSEEは一服の清涼剤のような役割を果たすことになる(どのみち動物性タンパク質だけどな)。

IMG_1541.JPG

 そうこうするうちに、ハウプトヴァッヘに到着。KARLSTADTやKAUFHOFなどの百貨店が立ち並ぶ風景に。敢えて日本の風景に翻訳すれば、銀座の歩行者天国を歩いているのに近い。

IMG_1542.JPG

 まだ空腹感があるので、KAUFHOFの向かい側にあるインビスでCurrywurst(カリーヴルスト」というものを食べてみる。焼いたソーセージを5〜6個に切り分けてそれにケチャップとカレー粉をかけた簡単な食べ物。ジャンクフード的な美味しさがあると思う。パンがくっついてくるが、これをナシにしても値段は変わらないので、いわば無料サービスなのだろう。ソーセージだけ量を食べたい時には、「ohne Brot(パン無しで)」と言い添えることにした。

IMG_1546.JPG

 満腹になったところで、ようやくHugendubelへ。地上4階地下1階の大型書店。キオスクと違って、雑誌類はほどんど置いていないようだ。Mangaコーナーはある。《ONE PEACE》や《HUNTER×HUNTER》等がズラリと並んでいる。専門書のコーナーを巡るうちに、法律書のコーナーへ。といっても、そこまでマニアックな本は置いていない様子。それよりも、明らかに「予備校」風の書籍っつうか「教材」が置いてあるのに少し笑った。

IMG_1545.JPG

 ホテルに戻る前に、KAUFHOF地下2階の食品売り場で、部屋でつまむ食べ物を買うことに。レストランよりも、こちらのお店でどのような食品が売られているのかが気になる。デパートなのでそれなりの食品が売っているのだが、お菓子コーナーのグミキャンディの充実っぷりが気になる。150種類はおいてあるのではないか。中には、我が国では到底売られていないような形状のものも売られているので、何種類も買ってしまう。このほか、ソーセージ、飲むヨーグルト、ノンアルコール飲料等を買って、Hauptwache駅からSバーンで中央駅に移動。

■ホテル→就寝
 19時半頃にホテル着。KAUFHOFで買ったものをとりあえず食べてみる。飲むヨーグルトは日本と同じ。ソーセージは素の味が日本より若干良い気がする。飲料はCOCA COLA zeroというのを買ってみたが、人工甘味料の味がDiet〜よりもマシな気がする。ちなみに100mlあたり0.25kcal

IMG_1550.JPG

IMG_1551.JPG

 グミキャンディのうち特筆すべきは、ワニの形をしたものと、黒い渦巻状のもの。後者が強力。甘味よりも香料の風味が前面に出ている。10秒で吐き出した。こちらの人は、これをどう思って食うのだろうか。こういう菓子を堂々と売っているのは、てっきりアメリカだけかと思っていたが。

IMG_1553.JPG

 テレビをつけても例の有様で、飛行機による移動の疲れもあるし、明日も早いということで、そのままベッドへ。それにしても、この部屋はベッドが2つある
posted by Ho_Renomo at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38665525

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。