2007年02月04日

ドイツにおけるマンガ(4):「推奨年齢16歳以上」?

 (3)で触れた通り、ドイツではNARUTOやワンピースと並んで《ふたりエッチ》がそこかしこで売られている。現在のところ日本では33巻まで出ているが、このうち31巻までがドイツでも翻訳・販売されている。加えて、for Ladiesも2巻まで翻訳・販売されている。さて、そんな本作品の表紙には、次のように書かれた赤いステッカーが貼られている。

070318_1331~01.JPG

070330_2356~01.JPG

 Empfohlen ab 16

 ここで「Empfohlen」というのは「推奨される」といった意味で、「16」というのは「16歳」という年齢を指すものと思われる。つまり、このステッカーが言わんとするのは「16歳以上推奨」または(「推奨」という言葉が積極的・肯定的すぎるニュアンスを出してしまうようであれば)「対象年齢16歳以上」、ということであろう。

 ここで直ちに想起されるのは、日本で一部雑誌・マンガに付されている、18歳未満購入禁止を意味する「成人コミック」マークである。この種のマークは、その雑誌やマンガに含まれる表現(実際には主に性表現)が青少年に与える影響を考慮して付されているものだが、おそらく「Empfohlen〜」ステッカーも《ふたりエッチ》の性表現に鑑みて付されているのだろう。ここで年齢が日本と異なり「16歳」となっているのは、ドイツで施行されている青少年保護法(Jugendschutzgesetz)において日本でいう「18歳」に相当する「成人」が16歳に設定されていることと、平仄を合わせたものであろう。

 では、こうしたステッカーによる「推奨年齢」「対象年齢」表示は、どのくらい強い意味を持っているのだろうか。上述のようにドイツでは連邦レベルで青少年保護法制が整備されている一方で、各種メディアに関する自主規制が組織的に行われており、例えば映画やビデオ・DVDにおいてはその自主規制活動が青少年保護法制に基づく措置と連動している。そうしたことから、「もしかすると既にMangaについても何らかの自主規制組織が存在して年齢指定を行っており、しかもそれが法的効力を持っているのだろうか?」などと思われたのである。

 というわけで、ベルリンの専門店GROBER UNFUGの店員に、思い切ってこのへんの事情を聞いてみた。カタコトだけどな

 店員の話によると、基本的に、このステッカーは当該商品を出版している出版社が、全く自主的につけているそうである。現在に至るまでMangaが青少年保護法制に照らして当局から何らかの指導なり処分を受けた事件はないし、Mangaを翻訳・出版している出版社が自主規制の組織やガイドラインを形成しているわけでもない。だから、ステッカーを貼るにあたっても、法令や業界組織による基準に照らして判断しているわけではないし、また外部からの求めに応じて貼付しているわけでもない。

 また、ステッカーの意味も「〜〜歳未満の方には販売しません」といった強いものではなく、「〜〜歳以上になってから読むことをお薦めします」という程度にすぎない。その意味では、客に対する情報提供/アドバイスの一種とも言える。店員によれば、例えばヒップホップのCDにくっついているADVISORYマーク(参考)と同じような意味合いだという。

 このような「推奨年齢」「対象年齢」表示は、もちろん、《ふたりエッチ》だけに為されているわけではない。上記の話を聞いたGROBER UNFUGで他のMangaの表紙・裏表紙を改めて見ると、他にも同旨とみられる表示がある。

 例えば、《ふたりエッチ》同様のステッカーは《天上天下》や、一部少女マンガ(筆者は不勉強なので元タイトルを知らないが、男性どうしの性行為を思わせる描写がそこには含まれていた)にも貼付されていた。

 また、個別の作品にステッカーを貼付するのではなく、統一的な形式に基づいて(同じ出版社から出されている)すべての作品に表示を行う場合がある。例えばTOKYOPOPから出版されているMangaは、見かけたものは全て、裏表紙の上部にジャンルと対象年齢を示す表示が存在する。《DEATH NOTE》であれば「Krimi/Mystery 15+」、《苺ましまろ》であれば「Comedy 13+」、といった具合に。なるほど、こうしてみると、「販売禁止」という強いものではなく、オモチャの「対象年齢」のようなソフトなものだ、というのも納得である。

070330_2357~01.JPG

070330_2356~02.JPG
* 推奨年齢表示の例。上がDEATH NOTE、下が苺ましまろ。(クリックで拡大)

 もちろん、こうしたソフトな「推奨年齢」「対象年齢」表示であっても、それがもたらす社会的影響は様々であり、一概にそれがプラスの効果をもたらしているわけではないだろうし、まして、同じ制度を日本に導入すべきだと言うつもりもない。ただ、含まれている表現の方向性や程度に応じてそのような表示を行っておき、読み手やその保護者による判断に委ねることは、表現物に関する青少年保護の1つのありかただと思うし、少なくとも法令による頭ごなしの指定・制約よりも遥かに柔軟性のある手段であるとも思う。

 などという、ドイツのManga業界のちょっと真摯な実情に触れて、真面目なことを少し考えたりもした。もちろん、《ふたりエッチ》は買ったよ
posted by Ho_Renomo at 00:00 | TrackBack(0) | ドイツにおけるマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37315858

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。